2019年7月ゼミの予告

お知らせ

日程は、7月6日(土)、7月7日(日)。
講師は、松龍(matutyu)さん。AboxPhotoClubとやま2017写真展の招待作家です。そして、Abox Photo Acedemy横浜校講師。もちろん、高崎先生もおいでです。

7月ゼミの内容は、こんな具合です。

7月6日(土)
特別講座 講師:松龍(matutyu)氏

・午前 座学「アート化する写真表現と作品制作」

【概要】絵画史を振り返りながら、過去絵画がたどってきた道を整理していきます。写真は表現手法として記録技術からアートへ変わっていく今まさに潮目に在ります。写真家としてチャレンジしている著名な作品をリファレンスしてその意味を理解しながら、なぜ、オリジナルが重要視されているのか、アートとサイエンスの共通項目からそれを考察していきましょう。

・午後 作品講評  「こうすればもっと貴方のオリジナリティーが際立つ」

講評 松龍(matutyu)氏、写真家 高崎勉 氏

7月7日(日)
特別講座 講師:松龍(matutyu)氏

・午前 「世界をアートで整理する。(マインドマップで感性の可視化する方法)」

【概要】作家は特別な場所に出かけなくても、唯一無二な作品を作ることができます。 その作家が世界をどう見ていて何に疑問を感じるかがとても大切。 写真を愛する知的で社会性のある人々にとって「事象」はつい常識的に整理して理解したくなります。 そこをマインドマップを使ってジャンプした発想に可視化することを体験するWSを開催します。マインドマップってなに?と全く知らない人にも基本的な考え方から教えます。 写真以外にもきっと役立つメソッドです。

・午後 作品講評 &各自の講評

「マインドマップによるコメントを参加者と一緒に展開 」
講評 松龍(matutyu)氏、写真家 高崎勉 氏

場所は、両日とも富山県総合情報センターです。

今週末(5/25-5/26)には、申込みページを用意します。
申込みページを作りましたら、お知らせします。

関連記事一覧